Español 简体中文 English Français 日本語 Tiếng Việt
コロンビア 
UNIVEGRY コロンビアオフィス
Barranquilla, Prados del Country, Calle78
日射の地図 - 日本

コロンビアの太陽光発電

ココロンビアは、赤道直下にあるという地理的状況から、太陽光エネルギーの源はふんだんにあるが、アンデス山脈の複雑な地形もあり、気候は変わりやすい。

平均放射能は4.5kWh/m2であり、太陽エネルギー資源が最も良い地域はラ・グアジラ半島で、放射能は6kWh/m2である。コロンビアでは設置された6MWの太陽エネルギー(約78,000のソーラーパネルに相当)のうち57%が農村用に、43%が通信塔や交通標識用に配備されている。 ソーラーシステムは、国の電力網に接続するのが非常に高価な遠隔地にある農村部での利用に適している。

コロンビアでは、マグダレナ、ラ・グアジラ、サンアンドレス、プロビデンシアの地域でより大きな規模で発電できる。 サンアンドレス島では、約370のパネルで約100Kwが設置されているのみである。サンタカタリナ島では、2016年末までに300Kwを設置する予定で、100%再生可能エネルギーを使用する最初の島となっています。 現在、コロンビアは6MWの太陽エネルギーを導入しており、これは78,000の太陽電池パネルに相当する。

出典 「コロンビアの再生エネルギー」


1

市場の状況

コロンビアの経済は、主に一次財の生産に基づいている。ここ10年間での輸出の伸びと大きな成長により外国投資をひきつけ、国際的にも際立っている。 経済規模はラテンアメリカではブラジル、メキシコ、アルゼンチンに次いで4番目であり、世界規模では大きい方から31番目である。

1950年代まで、そして過去10年間でさえ、コロンビアの外貨獲得の手段は主にコーヒーによっていた。しかし、エメラルドや草花栽培のようにコロンビアを有名にさせたいろいろな分野もあり、さらに近年は自動車産業や繊維産業などでも特出しており、また、金、サファイヤ、ダイヤモンドなどの主要輸出国でもある。

コロンビアは、経済発展のための協力を求めて、様々な国際機関に参加している。世界的には、世界貿易機関(WTO)の一員であり、CIVETS(コロンビア、インドネシア、ベトナム、エジプト、トルコ、南アフリカ)などの新興国のグループを形成している。大陸レベルでは、米州開発銀行(IDB)、アンデス共同体(CAN)、南米連合(UNASUR)、そして最近では太平洋同盟などの組織のメンバーである。

出典 ウィキペディア「コロンビアの経済」

国と市場分析 - コロンビア

ユニバージー・メインオフィス

スペインユニバーシズ本部

ユニバージー スペイン

Calle Serrano41, 7階
28001 Madrid, Spain

ユニヴァージテクニカルオフィス

ユニバージー 技術部門

Pintor Zuloaga 2, Entreplanta Derecha
02001 Albacete, Spain

本社ユニバージェイジャパン

ユニバージー 日本本部

〒106-0032
東京都港区六本木3丁目16 -26
ハリファックスビル 6階

サイトマップ


クリーンエネルギーグループ
Genersol Univergy
Univergy Think Green  - インド
1
ソーラーキー
ユニパハル - インド

1
著作権©2017 Univergy.com
Webmaster このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。